改造車の買取と査定記事一覧

日本の自動車界には古くからある、1つの固定観念があります。それは「改造=悪」というものです。これはかなり昔の「カミナリ族」から始まって、今でも存在しますがピークは既に過ぎている「暴走族」などがオートバイや車を意味もない改造を施し、爆音をまき散らしながら走っていくという姿を目の当たりにしてきたためです。もう1つ、日本には厳しい保安基準と車検制度というものがあって、それに反する車は全て悪い車という見方...

車が好きな方というのも最近はあまり見ることができなくなりましたが、中には現在でも車が好きで自分の車を自分らしく作りかえるという方もいます。作りかえるといっても一から作りかえるという事ではなく、自動車メーカーが用意している純正パーツやオプション以外の社外品パーツを使って自分にあった車に作りかえるということです。そういったことをする方の中に車の走行性能を向上させるためにエンジンのパワーアップやコーナー...

基本的に一般の買取店は改造車を買い取るのを嫌がります。それは改造車というイメージの悪さと法律ギリギリに位置にいること、そして車自体のダメージが大きいことなど以外にもその改造によってどれだけ価値が上がるのか、この改造は正しいものなのかというのが判断できないからです。例えば、ランサーエボリューションに車検対応マフラーを付けた車があるとします。ランサーエボリューション自体がチューニングのベースモデルとな...

改造車はそういったものを専門とするところで売ったり買ったりするのに限ります。売る側からすれば高く買ってくれますし、買う側からすれば安心して購入できるからです。改造車を売る時は、一般の買取店のように、「ノーマルに戻してからまた来てください」などとは言わずにきちんと見てくれます。マフラーはどのメーカーのものが入っているのか、ブーストコントローラーはついているのか、車高調のバネレートはいくつか、カムやビ...

車を売る時にはどの買取業者においても、中古車市場の動きを踏まえた買取相場表を持っています。個人の買取店であればその店ごとのもの、チェーン店であれば地域ごとのそういったものを作り、それに現車を照らし合わせながら、基本的な金額を決め、その金額にプラスしたりマイナスしたりすることによって査定額というものを決めていきます。要はその買取相場表というものが基本となるのです。しかし改造車だけに限って言えば、その...