改造車 買取相場

改造車には買取相場がない?

車を売る時にはどの買取業者においても、中古車市場の動きを踏まえた買取相場表を持っています。

 

個人の買取店であればその店ごとのもの、チェーン店であれば地域ごとのそういったものを作り、それに現車を照らし合わせながら、基本的な金額を決め、その金額にプラスしたりマイナスしたりすることによって査定額というものを決めていきます。

 

要はその買取相場表というものが基本となるのです。しかし改造車だけに限って言えば、その買取相場というものはほとんどないといっていいでしょう。

 

相場というものはかなり多くの取引があって、その傾向から決められるものですが、こと改造車だけという世界では相場を決めるほどの取引がないのです。

 

それによってノーマル車の様な日本全体に広がるような値段の傾向や、買取店内で決めた相場表というものないのです。

 

改造車を扱う買取店においても実は一般の買取店が使うようなノーマル車用の相場表を使って基本となる査定額を決めます。

 

そしてそこから車の状態や改造されている部分などを見て、更に付けられているパーツの質や状態、付けられ方などを見て、プラスしたりマイナスしたりするのです。

 

オーリンズの車高調がついているからプラス1万円とか、カーボン製のGTウィングがついているからプラス5千円とか、エンジンからオイルがにじんでいるからマイナス2万円とか・・・。

 

ですから査定額の算出方法は一般的な車とあまり変わりません。ただ、その店舗なりの相場というものが次第にできてくるわけで、それに照らし合わせて査定額を決めるということを行うこともあります。