改造車を高く売るポイント記事一覧

もし自分の車に何かしらのチューニングを施しており、それをノーマルの戻すことができない状態で車を買取ってもらおうと考えているのであれば、一般の車が行うような査定額比較とかディーラー下取りなんてことは考えてはいけません。チューニングの度合いにもよりますが、ディーラーでの下取りや一般的な買取店などはノーマルの車を対象に行われているもので、ほとんど違法車両といってもいいような改造車は最初から門前払いを食ら...

車の改造には三つのパターンがあります。1つは新たにパーツをつけること、もう1つはパーツを取り外すこと、そして最後に既存とパーツと取り換えることです。新たにパーツをつけるというのは、補助メーターをつけたり、エアロパーツをつけたりというのがこれにあたります。パーツを取り外すことというのはもっぱら軽量化などにつかわれ、リヤシートの撤去や無駄な装備の取り外しなどがこれにあたります。最後の既存のパーツと交換...

一般的な車買取店というのは車のデータや状態によって買取金額を決めていきます。その際、いろいろな社外品が付けられていたとしてもほとんど査定額に影響するものはなく、それが付いていても付いていなくても価格差がほとんどないといっていいでしょう。逆にそのパーツが付いているからという事で査定額が下がることもあるので、これらの理由から純正でつけられているパーツ以外はすべて取り外してから査定に出した方がいいでしょ...

改造車と呼ばれるものは、中古車市場ではあまり好まない傾向があります。それはノーマル状態、いわゆる新車として発売された形が基準となっているからです。しかし、逆にある程度改造してあるほうのが需要が高まる車も中にはあります。よくあるのがスポーツモデル、スポーツモデルといってもいろいろな方向性があるのですが、モータースポーツなどで活躍している、またはしていたものは改造車、チューニングカーでも人気高いです。...

改造車を専門とする買取店が査定額を決めるのにいくつかキーポイントがあります。それは付けられているパーツの性能やメーカーなどの他にも、その車にあった改造なのか、それに伴ったメンテナンスが行われているかどうかということも影響してきます。例えば、サスペンションがかえられているとします。その場合、純正のビルシュタイン製のものやつるしのサスペンションキットよりも日本国内で有名なチューニングメーカーが作ってい...